LinuxでBitwig – DTM環境の構築


DTMの思い出

かつてDTMというと、PCにmidiシーケンサソフトを導入して、midi機器やオーディオデバイス、レコーダーなど、いろいろと接続する必要があり、ケーブルまみれになるのが当たり前でした。また、様々なハードウェアへの投資が必要となるため初期費用も高額になりがちでしたし、設置スペースも必要でした。

筆者はアマチュアかつ貧乏だったので、いくつかのシンセサイザーと、市販の音楽カセットテープを片面4トラックにしてレコーディングするタイプの簡易なマルチトラックレコーダーだけで制作をしていました。

日々作業に明け暮れていましたが貧弱な環境のため生産性は低く、1曲つくるために1週間〜数カ月を要しました。

15年以上前の話です。

そして現代

昨今ではPC上で楽曲制作の環境が完結できるようになってきました。DAW (Digital Audio Workstation)さえあればプロクオリティの音源を制作することが可能です。PCの性能向上により、大量のシンセサイザーやオーディオデバイスを使用した演奏も、1台のパソコンのCPUでエミュレートできるようになったのです。(ただし、生楽器やボーカルのレコーディングにはマイクやオーディオインターフェイスなどの物理デバイスが必要となります)

つまり、DAWが肝となるわけです。世の中には様々なDAWが存在し、なかにはフリーソフトも存在します。

Linux上で、オープンソースのフリーソフトだけでDTM環境を構築する場合、DAWとしてlmmsやArdourなどが候補に上がるでしょう。

真のギークであればこれらのDAWで環境を構築するのでしょうが、私の場合は「MacやWindowsに引けを取らない制作環境をLinux上に構築すること」が目的ですので、無理やり安く上げることは考えていません。

Linux用のプロフェッショナル向けDAW

Bitwig Studio - 20170221_01_a4_007アマチュアであっても、予算が許すのであればプロが利用するようなソフトウェアや機材を利用したいものです。門外不出の自己満足音源やネタ音源でもない限り、人前に出し、何らかの利用を想定して制作をすることを前提とするなら、可能な限りのクオリティは追求したいと考えます。

ここ数年のクロスプラットフォーム技術の進歩のおかげで、MacとWindowsに加え、Linuxでも動作するソフトウェアを開発するのが容易な時代に入っています。その最先端なクロスプラットフォーム技術を素早く取り入れてくれた新鋭のプロユースDAWが存在します。それがBitwig Studio(以下Bitwig)です。

BitwigについてはDAWソフト「Bitwig Studio」について(DTM博士)に詳しく説明されています。

BitwigのLinux版はdeb形式で配布されていますので、debian系のディストリビューションであれば動作するものと考えられます。Ubuntuパッケージ内容を見たところJavaFXでアプリケーションが構築されているようですので、ディストリビューション依存は低そうですが、公式にサポートしているUbuntuで利用するのが無難だと思います。

ちなみに筆者はLinux Mint 18 Cinnamonで問題なく利用できています。

尚、Linux版については国内の代理店ではサポートが無いようなので公式サイトから直接購入しました。

Windows用のVSTプラグインをLinuxで利用する

VSTプラグインをBitwigに導入することにより、サンプラーやシンセ音源を追加したり、オーディオエフェクタを追加することができます。VSTプラグインはフリーのものも含めたくさんのベンダーから様々なものがリリースされていて、あらゆるジャンルの楽曲制作に利用できます。

ところがVSTプラグインの大部分はWindows用であり、同時にMacにも対応しているものも多く存在しますが、Linux向けのものはごく僅かです。

しかし、wineを利用することで、かなりの数のWindows向けVSTプラグインをLinuxで動作させることが可能です。そのためにはいくつかの方法がありますが、筆者はairwaveを利用しています。airwaveでは、VSTの.dllファイルを、Linuxの.soとしてマッピングし、wineでこれを実行するよう設定することが可能です。airwave manager 1.3.3_008

筆者がいくつか試したところ、いくつかのプラグインたちがLinux上で利用できるようになりました。

Linuxのオーディオ環境

ソフトウェア

qjackとpulseaudioDAW上で作業を完結する場合、PC内蔵のサウンドカードやオーディオインターフェイスにLinux標準のALSAドライバーという組み合わせで問題ありませんが、DAWだけでなくVLCプレイヤーやブラウザなどで参考音源をチェックしながら作業したい場合はJACKオーディオサーバーを導入する必要があります。DAWがオーディオデバイスを専有してしまうため他のアプリから音が出なくなるためです。JACKを使用すると、JACK非対応のものを含むすべてのアプリからのオーディオをミキシングしてひとつのデバイスから出力してくれますので、楽曲制作の環境として必須と言えるでしょう。設定がいろいろと面倒ですので、初めての方はUbuntu Studioを利用してセットアップすると楽かもしれません(試していないので推測です)。Ubuntu StudioでのJACKサウンドサーバについてはUbuntuStudioTips/Application/qjackctlをご確認ください。

ハードウェア

ボーカルのレコーディングなどを行うにあたっては、入力音質やレイテンシ(再生の遅延)が問題になりますので、オーディオインターフェイスが必須となります。シンセのインスト楽曲制作のように、外部の音を取り込む必要がない場合には無くても作業できますが、オーディオインターフェイスがあると、リアルタイムモニタ環境の品質が上がり、作業効率が上がりますので導入しておいたほうが良いと思います。

筆者は、簡易なもので十分なので PreSonus の AudioBox iOne という製品を購入しました。USB接続にて、アナログ入力2つにスピーカー及びヘッドフォンの出力端子が一つずつ付いていますので、ヘッドフォンを抜き差しすること無く両方の音をモニターすることができます。筆者はこれにBEHRINGERのダイナミックマイクを接続して自分の声をサンプラーに取り込むためにも利用しています。

出力環境への投資は必要か

作品のアウトプットはデジタルファイルですので、出力環境であるオーディオインターフェイス、スピーカーやヘッドフォンに投資せずとも作業を完結させることは可能です。DAWが書きだしたwavファイルをmp3などに変換したうえで様々な環境で再生することでサウンドのチェックができます。ただし、作業効率を考えるとアレンジやミックス、マスタリングの作業をしながらモニターできたほうが圧倒的に効率が良いので、オーディオインターフェイス経由してモニター用のスピーカーやヘッドフォンでチェックするのが良いと思います。

感想

筆者はMacやWindowsそれぞれの環境にもBitwigを導入して1曲ずつ仕上げてみましたが、サウンド再生のパフォーマンスはLinuxが最も高く、マスタリング後に近い品質のまま制作作業を行うことができます。MacとWindowsはあまり差がなく、どちらもプチプチノイズの発生が気になります。Linuxは(チューニング次第ではありますが)重たい常駐プロセスが少なく、オーディオ処理というシビアな計算処理のために多くのリソースを割けるのだと思います。

ただし、Linuxは高パフォーマンスではありますが、オーディオデバイスとJACKとPulseAudioによるデバイス・ミキシング設定がやや面倒であり、運用には慣れと技術が必要となります。モバイル環境などでデバイスの抜き差しが多い場合は、頻繁にJACKのプロセスがハングアップするため、kill -KILLのお世話になる必要があります。表面上は単に音が出なくなるだけなので原因に気づきにくいです。

Macは音量アイコンの下に出てくるデバイスを切り替えるだけで全部切り替わるので楽チンです。アレンジ作業ではトラックパッドでのスクロールも便利です。

WindowsはプラグインやDTM関係ソフトの充実度が素晴らしく、万能です。ただしオーディオ環境の設定が少々わかりづらいイメージがあります(Linuxほどでは無いですが)。

どの環境も微妙に一長一短だったりするのですが、Linuxは楽曲制作環境という観点でいうと、WindowsやMacと遜色ないと言ってよいかと思います。

筆者の環境

筆者の環境をご紹介します。

  • PC
    • ThinkPad T420 (Core i5-2520M 2.5GHz), SSD250GBx2, RAM16GB
  • OS
    • Linux Mint 18 Cinnamon Edition
  • DAW
    • Bitwig Studio 2.0
    • 外部プラグイン
      • Sample Tank 3
      • Density MkIII
      • W1 Limiter
  • midiコントローラ
    • KORG microKEY-25 (25鍵小型キーボード)
  • オーディオインターフェイス
    • PreSonus iOne
      • 家にあるスピーカーやヘッドフォンをいろいろ接続してモニタ
      • ダイナミックマイク BEHRINGER XM8500

投資金額

  • Bitwig 34,816円 (Version 1のときに購入して2.0に無料アップグレードした)
  • Sample Tank 3 SE 11,984円
  • AudioBox iOne 10,800円
  • BEHRINGER XM8500 2,138円
  • KORG microKEY-25 4,892円
  • 合計 64,630円

最後に

上記環境で筆者が制作した音源をご紹介して終わりにしたいと思います。ちなみにマイクを使った音は全部ボツになったので声は入っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">