GTK版Eclipseのツールチップが見づらい問題を解決する


Linux上のEclipseで開発をしているときに困る事の一つが、ツールチップの背景が黒くなってJavaDocなどのポップアップが非常に見づらくなることです。最近のUbuntuはテーマのほとんどでツールチップが暗い色なので問題に遭遇することが多くなりました。Eclipseはツールチップが暗い背景になっている場合の考慮がされていないようです。

普通のUbuntuであれば「外観の設定」でツールチップの色を変更するだけで解決します。

xfceなどはツールチップの色をGUIで変更する手段が見当たらないので、gtkrcを変更して、ツールチップを明るい背景に暗い文字という設定にする必要があります。使用しているテーマによって場所が異なりますが、/usr/share/themes/greybird/gtk-2.0/gtkrcのような場所に存在します。locateコマンドで探してみてください。

該当するファイルを以下のように修正します。

2011年10月14日追記: Ubuntu 11.10にアップグレードしたところ、「外観の設定」で変更できなくなってしまいました。しかし、以下のファイルを直接編集すれば修正できました。
/usr/share/themes/Ambiance/gtk-2.0/gtkrc または /usr/share/themes/Radiance/gtk-2.0/gtkrc

GTK版Eclipseのツールチップが見づらい問題を解決する」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Eclipseのいじった設定 » 未経験28歳のwebブログ(仮)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">