Mac上のIntelliJの動作が重い問題の解決


LinuxやWindows環境では問題無いのですが、MacでIntelliJ(たぶんWebStormなどJetBrain社製IDE全般)を使用して巨大プロジェクトを編集しようとすると、開発に支障をきたすほど異常に動作が遅くなる場合があります。

キャッシュの削除(File > Invalidate Caches / Restart)をしたり、参照しなくても良いファイルをExcludedに設定したりすれば多少は程度改善しますが、私の環境ではそれでもやはり遅いです。昨今のWebプロジェクトだとnode_modules配下に大量のファイルが配置される場合が多く、これをExcludedとすると劇的に改善する場合もあります。

しかし、根本的な問題は、IDEを実行しているJava VMのチューニングの問題のようです。

idea.vmoptionsを編集すればVMの設定を変更できます。

$ vi /Applications/IntelliJ\ IDEA\ 15.app/Contents/bin/idea.vmoptions

私の場合、以下のように設定することで爆速環境となりました。

-Xms128m
-Xmx4096m
-XX:MaxPermSize=350m
-XX:ReservedCodeCacheSize=225m
-XX:+UseCodeCacheFlushing
-XX:+UseCompressedOops
-XX:+UseConcMarkSweepGC

-XmxオプションはIDEや使用する最大ヒープ容量となります。ご利用のマシンのメモリ容量に応じて調整してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">