カテゴリー別アーカイブ: ガジェット

nVidia搭載マシンでUbuntu 11.04+Chromiumがモッサリするのを解決する


私はT510にUbuntuを導入し、1年以上ソフトウェア開発業務の第一線で使用しています。

今回の11.04もすぐにアップグレードしました。ちなみに私はUbuntuが提供するアップグレード機能は利用せず、2個あるOS用パーティションの片方に新規インストールして/homeパーティションをマウントしなおす方法で行います。この方法だと、新旧バージョンの設定ファイルの違いでハマることが多いので、実はおすすめできません…。

それはともかく、11.04へのアップグレードは、T510/T410/W510ユーザーは気をつけたほうが良さそうです。しばらくして気づいたのですが、chromiumがもっさりしています。起動直後は爆速なのですが、サスペンド&リジューム後に必ず現象が発生します。

もっさりに耐えられず、しかたなくFireFoxを使っていたのですが、今度はFireFoxがバージョン5に更新されてからEvernoteのアドオンが利用できなくなりました。これでは私にとってメインブラウザ不在という状態になり、業務に支障をきたすようになってしまいます。しばらくのあいだUbuntu 10.10に戻すか、Windows環境に避難するか悩んでいるところです。

追記: nVidiaのプロプライエタリドライバの利用をやめたらchromiumのもっさりが解消しました。ドライバのバグでしょうか。Unityも使えなくなりますが、仕方がないのでクラシックモードで使っていこうと思います。

追記: Linuxカーネルの問題である可能性についての指摘を発見しました。chromiumプロジェクトにも同様の情報がありました。

追記:解決編

ハイパースレッディングの設定をサスペンド時にoffにしてからレジューム時にonにすると解決するようです。

/etc/pm/sleep.d/10_hyper-threading のような名前で、以下の内容のスクリプトを作成します。

sudo chmod +x /etc/pm/sleep.d/10_hyper-threading で実行属性を付けておきます。 そして、サスペンド&レジューム…Chromiumが爆速のまま動作してます。よかった!

ThinkPad T510でUbuntu 10.10


私は今年の3月に購入したThinkPad T510にUbuntu 10.04を導入して、日々の開発業務で活躍もらっていますが、先日Ubuntuの新しいバージョンがリリースされたのでUbuntu 10.10にアップグレードしてみました。

ちなみに私は、常に現環境を維持したまま新しいUbuntuを入れられるよう、ルートパーティションを二つ用意して、/homeパーティションを両方から共有するようにしています。このようにしておけば、アップグレードで不具合が起きてもすぐに前の環境に戻ることができます。仕事に使っている環境なのであまり冒険はできません。ルートパーティションには20GBずつ割り当てていますが、10GBくらいでも良さそうな気がしてきました。

10.04から10.10に変えた結果気づいた違いを挙げておきます。

  • フォントレンダリングがさらによくなった気がします。また、デフォルトのテーマではMacなどに見られる、メニューなどのエンボス処理もいい感じに施され、その他細かいところでUIのデザインが洗練されています。
  • ディスプレイの明るさがちゃんと調節できるようになりました。10.04のときは明るさアップするとゲージに関係なく最大の明るさとなるので、そこから好みの明るさに下げていく運用で逃げていましたが、そういうことをやらなくてもよくなりました。
  • Anthyの邪魔なツールバーが出てこなくなりました。通知領域でON/OFFを知らせてくれます。

1週間の検証の結果、通常利用になんの支障もなく、快適に利用できることが分かったので、現在ではメインの環境として使用しています。

ThinkPad T510にUbuntu 10.04を導入するメモ


ThinkPad T510でUbuntuを利用しようとすると、いくつかの問題に遭遇します。インストールの都度毎回検索して調べるのは面倒なのでメモしておきます。

サスペンドとレジュームについて

BIOSが古い場合、サスペンドはできるのですが、2回目以降のレジューム時にフリーズしてしまう問題が発生しますので、レノボのサイトにて最新のBIOSを取得して更新します。また、カーネルが古いとレジュームできてもUSBデバイスが認識されなくなるという問題がありますので、最新のカーネルにする必要があります。(この記事の執筆時点で2.6.32-24-generic)

トラックポイントの設定について

ThinkPadを好んで使用するユーザーは、その特徴であるトラックポイントの利便性を重視していることと思います。

まずは、スクロール機能ですが、手書きにて設定ファイルを更新することでも対応できるようですが、標準環境であるGNOMEでの運用であれば、GUIで簡単に設定が可能となるgpointing-device-settingsの導入がおすすめです。aptにてインストールするとシステム>設定の中にPointing devicesという項目が追加されます。

$ sudo apt-get install gpointing-device-settings

また、このままの状態ではトラックポイントの感度が悪く、長時間操作していると疲れてしまいますので、感度とスピードの設定ができるようにします。

このURLから、Configure Trackpointというパッケージを取得してインストールすると、感度やスピードの調整が簡単に行えるようになります。こちらは単なる設定ファイル編集ツールですので、GNOMEには依存していません。

64bit版はパッケージがありませんので、ソースをダウンロードして適当な場所に展開し、./configure && make && make install で簡単にインストールできます。インストールするとシステム>システム管理にConfigure TrackPointという項目が増えますので、そこで調整を行って設定ファイルに保存することができます。

ディスプレイの明るさ調節について

グラフィックスにNVS 3100Mを選択している場合、プロプライエタリドライバで問題なく表示できるのですが、Fn+HomeやFn+Endによるディスプレイの明るさ調節ができなくなります。回避策としては、Ctrl+Alt+F1などでコンソール画面に切り替えてから明るさを変更するか、/etc/X11/xorg.confのDeviceセクションに以下の設定を追加します。

その他、注意すべき点

  • 無線LANは「ThinkPad 11b/g/n」を選択していれば現在のカーネルで、ほぼ正常に利用できます。(ほぼ、と表現しているのはまれに不安定になる場合があるからですが、日常的な利用にはほとんど問題ありません)
  • 私はグラフィックスはNVIDIA NVS 3100Mを選択しましたが、Ubuntuが推奨してくるドライバで問題なく利用できています。
  • その他、ThinkPadでLinuxを利用するための情報はThinkWikiが詳しいです。

結局HT-03Aを購入しました


11月1日、とうとうHT-03Aを購入してしまいました。

さて、先日「[p2p type=”id” value=”276″]」のエントリで書いたように、S21HTを活用することで紙の手帳を脱却することができたのですが、先のエントリの通り、Windows Mobile で動作するブラウザには非常に不満が多く、S21HTの使用頻度が高くなればなるほどストレスが大きくなる結果となりました。

11月3日にソニーエリクソンからレイチェルが発表されそうな雰囲気となり、また、11月10日にはドコモの新商品発表を控え、せめてその発表を待とうとも思っていたのですが、実際に発売されるのは早くても来年の1月との観測がありましたし、3ヶ月以上Windows Mobileで持ちこたえる自身が喪失していたこともあり、ドコモショップに直行。購入しました。

ドコモショップにて、手続きを待っている間に、端末を先に渡されて早速起動したところ、システムアップデートの通知が…。つい勢い余って「アップデートする」を選択してしまいました。

SDKのエミュレータは何度か使用したことがあるのですが、初めての実機のAndroid。最初は静電容量式タッチパネルの操作性に戸惑いましたが、力を入れずに触れるだけでレスポンスがあるのは思ったよりも心地いいですね。

最初の数日間はアプリを大量にインストールして挙句の果てにはデフォルト設定してしまったHOME置き換えアプリがエラーで起動しなくなり、まったく使えなくなったためあえなくリセット…。

気を取り直して、アプリのインストールと整理をやりなおし、今では日々のモバイルライフに欠かせない存在となりました。

多少のもっさりはあるものの標準ブラウザの動作は心地よく、満足しています。また、Androidの密かな特徴の一つである、インテント(メニュー上は共有/Shareなどと表示されます)機能によるアプリケーション連携が非常に便利です。メモアプリでテキストを編集してからTwitterに送ったり、表示しているページのURLをEvernoteに送ったりできます。

S21HTと比較して悪くなった点としては、スタイラスを使用した手書きメモができず、指で手書きメモをするのですが、大きな文字になってしまい、満足なメモがとれなくなったところでしょうか。

もうひとつ、筆者はhotmailのアカウントも使用しているのですが、Windows Mobileではhotmailとの同期ができるのですが、Androidではできないようです。これはWebでアクセスしてしのいでいます。

クラウドを活用して紙の手帳から脱却の夢を果たす


さて、筆者が日頃から思い描いているモバイルライフとは、紙の手帳を使わなくても済むようにすることと、インターネット上での活動のすべてを吊り革片手に可能とすることです。

もう一つの夢は、瞬時に起動するemacsとrubyの開発環境を持ち歩くことですが、NetWalkerが実現してくれそうです。emacs+rubyをNetWalkerで実現することについては、性能的に現実的なのかはまだ検証できていませんが、レコード数1万件程度のアプリケーションが開発環境でストレス無くブラウジングできて、1メソッドだけ自動テストを実行するような場合に1分以内(railsのライブラリ読み込みなどで起動にコストがかかる)に終了する性能が欲しいと思っています。

さて、今回は、ついに紙の手帳をやめる決心がついたので、その方法について書き留めようと思います。

使用するハードはイー・モバイルのS21HTです。本当はHT-03Aか、もうじき登場が噂されるレイチェルがいいのですが、レイチェルの登場待ちをしていますので、しばらくの間S21HTで何とかしようと思います。

まず、紙の手帳を脱却したい理由を説明します。

  1. 一元管理している情報が万が一紛失してしまうのが怖い。
  2. ソートや検索ができないので、情報のレイアウトに気を遣ってしまい、素早く情報を記入することができない。(とくにToDoリスト)
  3. 写真や音楽、Webページなどとメモを関連付けるのが難しい。

次に、紙の手帳が手放せなかった理由を説明します。

  1. 端末がバッテリー切れなどのときに重要な情報が参照できないと困る。
  2. とっさの思いつきをメモしても、小さなモバイル端末では一覧性がよくないので整理し辛い。入力は素早く行えるので残念。
  3. 上記と同様に、とあるFAX番号を見ようとするとき、紙の手帳ならぱらっと捲って瞬時に情報にアクセスできるが、少なくともS21HTではもっさり動作や、メモリ不足などの理由で不安定な状況があり、目的の情報に到達するまで数分を要する場合があるのでクリティカルな状況下では非常に困る。

要するにメモを素早く書き留めて、素早く参照したり整理したりしたいわけです。デジタルデバイスでこれを行う場合、適材適所といいますか、電車の中ではS21HTで、自宅にいるときは大画面のPCで、勤務先にいるときや、S21HTがもっさりの時は携帯電話で、という使い方をしたいのです。

紙の手帳からのデジタル移行は既に徐々に進めてあり、スケジュールや連絡先の管理と同期についてはGoogleカレンダーやGmailのおかげで、現在は紙の手帳のカレンダーページは真っ白になっており、携帯電話のアドレス帳も頻繁に利用する数十件くらいしか登録されていない状況が出来上がっています。

また、ToDo管理についてはRemember the Milkを活用し(S21HTの標準ToDoアプリと同期できるよう、有料アカウント購入しました)快適な環境になりました。

残るはメモと重要なデータの管理です。重要なデータ(例えば紛失すると困る支払い履歴など)については、Googleドキュメントで作成して、ローカルに保存したファイルをDropboxで同期していますので、紛失のリスクは限りなく低いですし、いろんな環境から参照することができます。

そして先日、Evernoteというクラウドのメモサービスを見つけて1週間ほど試用した結果、紙の手帳によるメモを捨て去る決心がついた次第です。

決めては以下のとおりです。

  1. S21HT(Windows Mobile)向けに公式の専用アプリケーション(フリーソフト)が提供されており、これの出来が非常に良い。テキスト・手書きメモ・デジカメ・音声メモ、これらのすべてが簡単に作成できて瞬時にクラウド側にアップロードされる。地下鉄など電波が来ない場所にいても、作成した情報がキューに残るので、電波が入る場所で改めて送信することができるので、データ入力の場所を選ばないこと。
  2. FireFoxのプラグイン(Evernote Web Clipper)を使うと、PCからWebページのクリッピングが簡単に行えること。またS21HT上でも簡単に参照できること。
  3. iPhoneやAndroidのアプリもあるので将来的に別のプラットフォームに移行しても安心できること。

これで、S21HT片手にほとんど何でもこなせるようになりました。

それでも、ブラウザが挙動不審かつもっさりなのは変わらないわけで、もっさりでもいいからまともなブラウザのあるプラットフォームへの乗り換えを夢見ているところです。

シャープがARM+Ubuntu搭載の新モバイル端末を発表 – NetWalker


先日「[p2p type=id value=66/]」で書いた通り、妥協を重ねてS21HTとN810(or LOOX U)でモバイルライフを送っているわけですが、本日気になるニュースを聞きつけました。

シャープからNetWalkerなるMIDが発表されました。

親指タイプのキーボード,ARM,Linux(Ubuntu),クラムシェル…。

一瞬ばかり「キター」とか思ってしまったのですがそれも束の間。

コンセプト的にはLinux Zaurusの後継のようにも受けとれますが、サイズが少々大きいことと、Bluetoothを内蔵してないことでとりあえず様子見ということにしようと思います。

筆者の用途だと、現在所有しているLOOX Uとかなりかぶりますが、立ったままでEmacsが使えるレベルであれば購入してみたいところではあります。お金に余裕があればorz。

LOOX U B50NにWindows 7をUSBメモリでインストール


LOOX U B50N(Vistaモデルしか無かった)を購入した2週間後に後継のXPモデルが発売されて激しく落胆したわけですが、その後Ubuntuを入れてpsbドライバで解像度の問題が解決できたので、しばらくUbuntuで運用していました。

サスペンド・レジュームについては /etc/acpi/lid.sh にて s2ramを呼び出してから ath9kのドライバを再読み込みすることで、蓋を閉じるとサスペンドされ、レジューム後に無線LANが正常に使用できるようにはできました。

しかし、無線LANのレジュームは時々失敗し、外出時にはS21HTのインターネット共有でブラウザは使えるものの通信が不安定で、sshでの作業時にフリーズすることが多々発生するので困っていました。またBT-PANは試行錯誤したものの正しい設定方法が分からずじまい・・・。

そこで、Vista環境に戻ってハードウェア環境の安定性に感心しつつも、起動しただけでメモリを800M消費し、アプリを起動すると30秒待ちというパフォーマンスの悪さにうんざりしてはまたUbuntuに戻るという日々を過ごしていました。

Windows 7はパフォーマンスが向上しているという話を思いだし、もうすぐRC版のダウンロードが終了するということなので、試してみることにしました。 続きを読む

筆者のモバイル遍歴を整理してみました


手前味噌ですが、年表共有サービスの「[Chrono](http://chrono.gate.ne.jp/)」にてモバイル遍歴を整理してみました。

時期 出来事
2002年 Palm m505購入
PIMとしてはこれ以上の端末は未だ見つかっていません。デスクワーク中心の生活となるまでの間、大活躍しました。
2004年 Sony CLIE TH55購入
内臓カメラで写真日記を楽しみました。
2005年4月 東芝 Libretto U100購入
モバイルと高機能への欲求を抑えきれず購入に踏みきりました。 性能は高いものの、キーボードやディスプレイの角度などの問題で使いかってがあまりよくなく、すぐに外部ディスプレイに常時接続の端末となりまし
2006年8月 Linux Zaurus SL-C1000購入
標準のQT環境のまま、emacsを載せてhowmとプログラミングの日々が始まりました。
2007年4月 ASUS EeePC 4G-X購入
イー・モバイルのUSBモデムとセットで2万円で購入。補助PCとして活躍。
2008年11月 富士通 LOOX U B50N購入
Zaurusに続くモバイルプログラミング環境として購入してみたもののVistaの糞重さのため激しく幻滅。GMA500のパフォーマンスはあまり良くないのですが、ハードウェアは素晴らしいのでまったく残念です
2009年3月 イー・モバイル S21HT購入
後にNokia N810からBluetoothモデムとして使うために購入。 当初はスマートフォンやMID・PDAとしての利用はまったく考えておらず、 小型、イー・モバイル、Bluetoothモデ
2009年4月 Nokia N810を購入
早速S21HTとペアリングして活用開始、当初はEmacs+Ruby on Railsをインストールして開発環境として使用していましたが、後にブログ執筆とメディアプレイヤーとしての道を歩み始めます。

Android端末 Zii EGGに思いを馳せる


筆者が最も活発に利用している端末は、S21HTなのですが、用途としてはRSSリーダーと2ちゃんねる閲覧、メール受信確認となります。WebブラウズはN810を主に使用していますが、片手しか開いていないシチュエーションが多いため、本当はS21HTに絞りたいと考えています。ところがS21HTは、常用に耐えうるWebブラウザが存在しないので、必要に応じてN810を取り出しています。

片手タッチで使えてWebブラウザが快適な端末が欲しい・・・。「iPhone買えば?」という声が聞こえてきそうではありますが、片手で操作が完結しないようですし、また、筆者には無料でアプリケーションを自作できる環境が必要なため、Apple系はNGなのです。S21HTのWindows Mobileも同様なのですが、こちらはBluetoothモデム機能というN810で必要な機能を持っているためついつい常用してしまっている状況です。ドコモのAndroid端末HT-03Aは現時点で理想的なのですが、回線を増やすわけにもいかず、本当の希望をいうとイー・モバイルのAndroid端末が欲しい次第であります。

残る手段はPHS300などの無線LANルーターを使用して、片手操作可能なLinux系端末を持ち歩く方向で次の購入ターゲットを物色しているところです。

さて、前から名前は知っていたもののチェックを怠っていたのですが、クリエイティブから「Zii EGG」という端末が発売されるようです。この端末は、容姿としてはiPhoneに似た趣きであります。

標準で縦横どちらの画面にも対応しているので片手操作が可能だと思われます。プラットフォームはLinuxベースである「Plaszma Platform」か「Android」を公式にサポートしています。

プロセッサが高性能でストレージ容量も大きく、現時点で最高スペックに相当するメディアプレイヤーと言えそうです。

以下にスペックを要約します。

  • OS: Plaszma or Android
  • SDカードスロットx1
  • 3.5インチ液晶 320×480 マルチタッチに対応した静電容量式タッチパネル
  • OpenGL ES向けの3Dハードウェアアクセラレータ(1080p動画の再生が可能)
  • 32GBの内部メモリー
  • 256MB DDR RAM
  • Wi-Fi / Bluetooth / GPS
  • 背面HDカメラ、前面サブカメラ
  • 3.5mmヘッドホンジャック
  • HDMI出力
  • 三軸加速度計

Plaszma SDKとセットの予約販売で$399とのこと(安い!)。でも日本向けには売ってくれないような雰囲気・・・

日本での発売が楽しみであります。

参考: Engadjet http://japanese.engadget.com/2009/07/31/zii-android-zii-egg/

8月12日追記)と思ったらこの端末、開発者向けの開発キットのようです。一般向けの端末が将来発表されるということでしょうか。

maemoアプリで遊ぶ(2) – MSXエミュレータ編


Nokia N810にて、今日は懐かしのMSXエミュレータで遊びました。

maemo.org にて、fMSXを入手してインストールし、手持ちのROMを起動してみました。

手始めに「シャロム」アクション性は低いので基本的な場面では問題ありませんでした。一部アクションのミニゲームが混じっているのでその辺で手こずるかもしれません。

シャロム

シャロム

次に試したのが「グラディウス2」です。MSXのゲームとしては最高峰であるとも言われた名作です。かくいう私もこのゲームでかつて何百時間遊んだか分かりません。

Gradius 2

Gradius 2

しかし、N810の硬いキーボードでは1面クリアがやっとのことです。残念。

Bluetoothキーボードも反応が悪いとの噂ですのでアクションゲームは諦めたほうがいいのでしょうか。惜しい限りです。

FPS測定をしていませんが、動作速度はまったく問題なく、サウンドも違和感なく再生されています。

キーボードだけが残念なことになっています。

次回はファミコン・スーパーファミコンを試してみようと思います。