タグ別アーカイブ: S21HT

結局HT-03Aを購入しました


11月1日、とうとうHT-03Aを購入してしまいました。

さて、先日「[p2p type=”id” value=”276″]」のエントリで書いたように、S21HTを活用することで紙の手帳を脱却することができたのですが、先のエントリの通り、Windows Mobile で動作するブラウザには非常に不満が多く、S21HTの使用頻度が高くなればなるほどストレスが大きくなる結果となりました。

11月3日にソニーエリクソンからレイチェルが発表されそうな雰囲気となり、また、11月10日にはドコモの新商品発表を控え、せめてその発表を待とうとも思っていたのですが、実際に発売されるのは早くても来年の1月との観測がありましたし、3ヶ月以上Windows Mobileで持ちこたえる自身が喪失していたこともあり、ドコモショップに直行。購入しました。

ドコモショップにて、手続きを待っている間に、端末を先に渡されて早速起動したところ、システムアップデートの通知が…。つい勢い余って「アップデートする」を選択してしまいました。

SDKのエミュレータは何度か使用したことがあるのですが、初めての実機のAndroid。最初は静電容量式タッチパネルの操作性に戸惑いましたが、力を入れずに触れるだけでレスポンスがあるのは思ったよりも心地いいですね。

最初の数日間はアプリを大量にインストールして挙句の果てにはデフォルト設定してしまったHOME置き換えアプリがエラーで起動しなくなり、まったく使えなくなったためあえなくリセット…。

気を取り直して、アプリのインストールと整理をやりなおし、今では日々のモバイルライフに欠かせない存在となりました。

多少のもっさりはあるものの標準ブラウザの動作は心地よく、満足しています。また、Androidの密かな特徴の一つである、インテント(メニュー上は共有/Shareなどと表示されます)機能によるアプリケーション連携が非常に便利です。メモアプリでテキストを編集してからTwitterに送ったり、表示しているページのURLをEvernoteに送ったりできます。

S21HTと比較して悪くなった点としては、スタイラスを使用した手書きメモができず、指で手書きメモをするのですが、大きな文字になってしまい、満足なメモがとれなくなったところでしょうか。

もうひとつ、筆者はhotmailのアカウントも使用しているのですが、Windows Mobileではhotmailとの同期ができるのですが、Androidではできないようです。これはWebでアクセスしてしのいでいます。

クラウドを活用して紙の手帳から脱却の夢を果たす


さて、筆者が日頃から思い描いているモバイルライフとは、紙の手帳を使わなくても済むようにすることと、インターネット上での活動のすべてを吊り革片手に可能とすることです。

もう一つの夢は、瞬時に起動するemacsとrubyの開発環境を持ち歩くことですが、NetWalkerが実現してくれそうです。emacs+rubyをNetWalkerで実現することについては、性能的に現実的なのかはまだ検証できていませんが、レコード数1万件程度のアプリケーションが開発環境でストレス無くブラウジングできて、1メソッドだけ自動テストを実行するような場合に1分以内(railsのライブラリ読み込みなどで起動にコストがかかる)に終了する性能が欲しいと思っています。

さて、今回は、ついに紙の手帳をやめる決心がついたので、その方法について書き留めようと思います。

使用するハードはイー・モバイルのS21HTです。本当はHT-03Aか、もうじき登場が噂されるレイチェルがいいのですが、レイチェルの登場待ちをしていますので、しばらくの間S21HTで何とかしようと思います。

まず、紙の手帳を脱却したい理由を説明します。

  1. 一元管理している情報が万が一紛失してしまうのが怖い。
  2. ソートや検索ができないので、情報のレイアウトに気を遣ってしまい、素早く情報を記入することができない。(とくにToDoリスト)
  3. 写真や音楽、Webページなどとメモを関連付けるのが難しい。

次に、紙の手帳が手放せなかった理由を説明します。

  1. 端末がバッテリー切れなどのときに重要な情報が参照できないと困る。
  2. とっさの思いつきをメモしても、小さなモバイル端末では一覧性がよくないので整理し辛い。入力は素早く行えるので残念。
  3. 上記と同様に、とあるFAX番号を見ようとするとき、紙の手帳ならぱらっと捲って瞬時に情報にアクセスできるが、少なくともS21HTではもっさり動作や、メモリ不足などの理由で不安定な状況があり、目的の情報に到達するまで数分を要する場合があるのでクリティカルな状況下では非常に困る。

要するにメモを素早く書き留めて、素早く参照したり整理したりしたいわけです。デジタルデバイスでこれを行う場合、適材適所といいますか、電車の中ではS21HTで、自宅にいるときは大画面のPCで、勤務先にいるときや、S21HTがもっさりの時は携帯電話で、という使い方をしたいのです。

紙の手帳からのデジタル移行は既に徐々に進めてあり、スケジュールや連絡先の管理と同期についてはGoogleカレンダーやGmailのおかげで、現在は紙の手帳のカレンダーページは真っ白になっており、携帯電話のアドレス帳も頻繁に利用する数十件くらいしか登録されていない状況が出来上がっています。

また、ToDo管理についてはRemember the Milkを活用し(S21HTの標準ToDoアプリと同期できるよう、有料アカウント購入しました)快適な環境になりました。

残るはメモと重要なデータの管理です。重要なデータ(例えば紛失すると困る支払い履歴など)については、Googleドキュメントで作成して、ローカルに保存したファイルをDropboxで同期していますので、紛失のリスクは限りなく低いですし、いろんな環境から参照することができます。

そして先日、Evernoteというクラウドのメモサービスを見つけて1週間ほど試用した結果、紙の手帳によるメモを捨て去る決心がついた次第です。

決めては以下のとおりです。

  1. S21HT(Windows Mobile)向けに公式の専用アプリケーション(フリーソフト)が提供されており、これの出来が非常に良い。テキスト・手書きメモ・デジカメ・音声メモ、これらのすべてが簡単に作成できて瞬時にクラウド側にアップロードされる。地下鉄など電波が来ない場所にいても、作成した情報がキューに残るので、電波が入る場所で改めて送信することができるので、データ入力の場所を選ばないこと。
  2. FireFoxのプラグイン(Evernote Web Clipper)を使うと、PCからWebページのクリッピングが簡単に行えること。またS21HT上でも簡単に参照できること。
  3. iPhoneやAndroidのアプリもあるので将来的に別のプラットフォームに移行しても安心できること。

これで、S21HT片手にほとんど何でもこなせるようになりました。

それでも、ブラウザが挙動不審かつもっさりなのは変わらないわけで、もっさりでもいいからまともなブラウザのあるプラットフォームへの乗り換えを夢見ているところです。