タグ別アーカイブ: thinkpad

nVidia搭載マシンでUbuntu 11.04+Chromiumがモッサリするのを解決する


私はT510にUbuntuを導入し、1年以上ソフトウェア開発業務の第一線で使用しています。

今回の11.04もすぐにアップグレードしました。ちなみに私はUbuntuが提供するアップグレード機能は利用せず、2個あるOS用パーティションの片方に新規インストールして/homeパーティションをマウントしなおす方法で行います。この方法だと、新旧バージョンの設定ファイルの違いでハマることが多いので、実はおすすめできません…。

それはともかく、11.04へのアップグレードは、T510/T410/W510ユーザーは気をつけたほうが良さそうです。しばらくして気づいたのですが、chromiumがもっさりしています。起動直後は爆速なのですが、サスペンド&リジューム後に必ず現象が発生します。

もっさりに耐えられず、しかたなくFireFoxを使っていたのですが、今度はFireFoxがバージョン5に更新されてからEvernoteのアドオンが利用できなくなりました。これでは私にとってメインブラウザ不在という状態になり、業務に支障をきたすようになってしまいます。しばらくのあいだUbuntu 10.10に戻すか、Windows環境に避難するか悩んでいるところです。

追記: nVidiaのプロプライエタリドライバの利用をやめたらchromiumのもっさりが解消しました。ドライバのバグでしょうか。Unityも使えなくなりますが、仕方がないのでクラシックモードで使っていこうと思います。

追記: Linuxカーネルの問題である可能性についての指摘を発見しました。chromiumプロジェクトにも同様の情報がありました。

追記:解決編

ハイパースレッディングの設定をサスペンド時にoffにしてからレジューム時にonにすると解決するようです。

/etc/pm/sleep.d/10_hyper-threading のような名前で、以下の内容のスクリプトを作成します。

sudo chmod +x /etc/pm/sleep.d/10_hyper-threading で実行属性を付けておきます。 そして、サスペンド&レジューム…Chromiumが爆速のまま動作してます。よかった!

ThinkPad T510でUbuntu 10.10


私は今年の3月に購入したThinkPad T510にUbuntu 10.04を導入して、日々の開発業務で活躍もらっていますが、先日Ubuntuの新しいバージョンがリリースされたのでUbuntu 10.10にアップグレードしてみました。

ちなみに私は、常に現環境を維持したまま新しいUbuntuを入れられるよう、ルートパーティションを二つ用意して、/homeパーティションを両方から共有するようにしています。このようにしておけば、アップグレードで不具合が起きてもすぐに前の環境に戻ることができます。仕事に使っている環境なのであまり冒険はできません。ルートパーティションには20GBずつ割り当てていますが、10GBくらいでも良さそうな気がしてきました。

10.04から10.10に変えた結果気づいた違いを挙げておきます。

  • フォントレンダリングがさらによくなった気がします。また、デフォルトのテーマではMacなどに見られる、メニューなどのエンボス処理もいい感じに施され、その他細かいところでUIのデザインが洗練されています。
  • ディスプレイの明るさがちゃんと調節できるようになりました。10.04のときは明るさアップするとゲージに関係なく最大の明るさとなるので、そこから好みの明るさに下げていく運用で逃げていましたが、そういうことをやらなくてもよくなりました。
  • Anthyの邪魔なツールバーが出てこなくなりました。通知領域でON/OFFを知らせてくれます。

1週間の検証の結果、通常利用になんの支障もなく、快適に利用できることが分かったので、現在ではメインの環境として使用しています。

ThinkPad T510にUbuntu 10.04を導入するメモ


ThinkPad T510でUbuntuを利用しようとすると、いくつかの問題に遭遇します。インストールの都度毎回検索して調べるのは面倒なのでメモしておきます。

サスペンドとレジュームについて

BIOSが古い場合、サスペンドはできるのですが、2回目以降のレジューム時にフリーズしてしまう問題が発生しますので、レノボのサイトにて最新のBIOSを取得して更新します。また、カーネルが古いとレジュームできてもUSBデバイスが認識されなくなるという問題がありますので、最新のカーネルにする必要があります。(この記事の執筆時点で2.6.32-24-generic)

トラックポイントの設定について

ThinkPadを好んで使用するユーザーは、その特徴であるトラックポイントの利便性を重視していることと思います。

まずは、スクロール機能ですが、手書きにて設定ファイルを更新することでも対応できるようですが、標準環境であるGNOMEでの運用であれば、GUIで簡単に設定が可能となるgpointing-device-settingsの導入がおすすめです。aptにてインストールするとシステム>設定の中にPointing devicesという項目が追加されます。

$ sudo apt-get install gpointing-device-settings

また、このままの状態ではトラックポイントの感度が悪く、長時間操作していると疲れてしまいますので、感度とスピードの設定ができるようにします。

このURLから、Configure Trackpointというパッケージを取得してインストールすると、感度やスピードの調整が簡単に行えるようになります。こちらは単なる設定ファイル編集ツールですので、GNOMEには依存していません。

64bit版はパッケージがありませんので、ソースをダウンロードして適当な場所に展開し、./configure && make && make install で簡単にインストールできます。インストールするとシステム>システム管理にConfigure TrackPointという項目が増えますので、そこで調整を行って設定ファイルに保存することができます。

ディスプレイの明るさ調節について

グラフィックスにNVS 3100Mを選択している場合、プロプライエタリドライバで問題なく表示できるのですが、Fn+HomeやFn+Endによるディスプレイの明るさ調節ができなくなります。回避策としては、Ctrl+Alt+F1などでコンソール画面に切り替えてから明るさを変更するか、/etc/X11/xorg.confのDeviceセクションに以下の設定を追加します。

その他、注意すべき点

  • 無線LANは「ThinkPad 11b/g/n」を選択していれば現在のカーネルで、ほぼ正常に利用できます。(ほぼ、と表現しているのはまれに不安定になる場合があるからですが、日常的な利用にはほとんど問題ありません)
  • 私はグラフィックスはNVIDIA NVS 3100Mを選択しましたが、Ubuntuが推奨してくるドライバで問題なく利用できています。
  • その他、ThinkPadでLinuxを利用するための情報はThinkWikiが詳しいです。