Twitterと連携する仮想都市コミュニケーションツール Mimic City の試験運用開始


Mimic Cityは、各ユーザーのタイムラインを部屋での会話に見立ててコミュニケーションする機能を提供する、異色のTwitterアプリです。

部屋に書き込むと、その部屋のユーザーへのMentionがTwitterにポストされますので、Mimic Cityでのやりとりは極力通常のTLに流れないようになっています。

今後のアップデートで、登録ユーザーはお金(仮想)や持ち物(仮想)を管理できるようになります。

そのほか、いろいろな実験を予定しています。

URL http://mimic.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です